趣味のメモ、記録

自分用、モチベーション維持のための備忘、メモ

7/11 十三峠、課題の発見

おやじさんから十三峠一緒に走ろうというお誘い頂いて、かばちゃんとmasa bowさんの4人で十三峠初挑戦。

5:30水越東のセブン集合だったから、行ったことないし余裕見て4時前には家出た方がいいかなと2時半起床。

起床時57.45kg。昨日晩飯かなり食べてるから、あまり腹減ってなかったけど、だいぶ多めに朝食たべてしまった。

予定通り4時前に家出て、5:10くらいには集合場所着いた。

4人揃ったあと、同時スタートで十三峠TT開始。

だいたい20分くらいかかるかなと思ってて、序盤の緩斜面くらいで明らかに自分が20分保てるペースじゃなかったから、序盤で千切れてマイペース走法。

基本的に10%超える部分ばっかりで、かなり辛い。

ここ最近登りを90回転以上でこなしてるけど、流石にあの斜度だとそんなケイデンスで登れないから、トルクかけて登るしかなくて、脚が終わる。心拍的にはまだ余裕ある感じはするけど。

なんとか4km耐え切ってゴール。めちゃくちゃ遅いタイム。

十三峠TT:18:16、289W心拍162ケイデンス78rpm

何故かパワーはそれなりに出てるけど…

そのあとのどか村までのアップダウンこなして、ぶどう坂から下って、皆さんと別れて帰路へ。

今まで登りも高ケイデンスでこなすタイプやと思って、高回転で山こなしてきてた。鍋谷とか高野山ばっかり行ってたから、基本的に急勾配がなくて高回転でもこなせてたけど、筋持久力低いのを軽いギアで回して誤魔化してきてただけやと気付いた。ぶどう坂とかも途中からたれて、序盤の急勾配突っ込み過ぎやとか思ってたけど、よくよく考えると心肺的にはまだいけるのに、半分くらいで脚が終わるパターンがほとんどな気がする。

あんまり心肺的に限界で踏めなくなるってあんまり最近なかったような。

高トルクで耐える練習しないと軽いギアで誤魔化しきたツケがきたかなと。平坦も軽いギア回すこと多いし。

心肺機能に筋持久力が追いついていない気がする。

逆にこの弱点強化すれば、だいぶ速くなれる気がする。

早速復路は重めのギアでトルクかけてガンガン踏んで中々いいペースで帰ってきた。

あとは山岳TTする時にどうもスピードじゃなくて、平坦パワーを最大化する様なスピード殺す様な走り方してるのも問題やなと。

masa bowさんに色々教えてもらえて、かなり参考になった。早起きは三文の徳とはよく言ったものやなと。とりあえずTTでパワーメーター見るのはやめよう。パワー一定に保とうとしてるのと、無理に高回転で登ろうとするので、無駄な加減速繰り返してロスの多い走り方してるのが第2の問題。

今までトルクかけるとすぐ脚終わるという筋持久力の低さに目を瞑る様な走り方してたから、弱点にフォーカスする様な練習していけば、あと2ヶ月しかないけど、大台ケ原までに力伸ばすことはできるはず。

72.7km

2:53:34

獲得標高681m

仕事量1,686kJ

NP209W